個人再生のデメリットをチェック|周囲に知られる心配はそれほどない

サイトメニュー

減額効果が大きい

説明

最大90%カット

債務整理といえば、一般的に多く用いられる手段が任意整理です。これまでの取引を利息制限法の上限金利である15%〜20%以下に引き直して再計算し、過払い分を減額に充てる手続きです。減額効果は平均で借金額の30%〜40%あります。しかし、過払い金を計算したところ過払い金事態が発生していなかった、取引期間の短い方や既に利息制限法の金利内で契約をされている方は発生していない可能性が高いのです。そうなると減額を要求する根拠としては乏しくなってしまうのです。それでも任意整理であれば将来利息はカットすることができるのですが、それでも3年以内に完済をすることが難しいとなると他の手続きを検討しなければならなくなります。その方法のひとつとして個人再生があります。個人再生も任意整理と同様に引き直し計算を行い過払い金があるかどうかを調べるのですが、それだけでなく自己保有の財産を一部処分する手続きです。個人再生は、任意整理と比べると減額される割合が非常に大きく、最大90%減額される手続きで10%分の債務を支払えば残りの借金は免除されるのです。効果の債務整理ですがデメリットもあります。デメリットは信用情報に当然金融事故情報がついてしまいますので、5年間は新たな借り入れは難しくなります。もうひとつのデメリットとして自己保有の財産を処分しなければならないことです。デメリットではあるのですが、住宅や車など生活に必要なものは維持したまま個人再生をすることができます。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットをチェック|周囲に知られる心配はそれほどない All Rights Reserved.