個人再生のデメリットをチェック|周囲に知られる心配はそれほどない

サイトメニュー

減額効果が大きい

説明

個人再生は、任意整理よりも減額効果は大きく最大90%減額させることができます。デメリットは、信用情報に事故がつく、財産を一部処分しなければなりませんが、住宅や車など生活に必要なものは残したまま手続きできます。

詳しく見る

借金整理に伴う不安

メンズ

収入の急な減少などで、返済途中だった借金が到底返せない状態になった際、任意整理でも追いつかないようなら個人再生による生活再建を考えましょう。官報に名前が公表され、世間的な信用は一時的に大きく失われるデメリットがありますが、審査に通れば住宅を失わずにすむメリットがあります。

詳しく見る

借金問題を弁護士に依頼

電卓

個人再生は、借金総額が最大5分の1〜10分の1まで減らすことができる手続きですが、デメリットもあります。信用情報への掲載、いわゆるブラックリストに載る、そして財産を一部手放さなければならない、官報に掲載されるといったデメリットがあります。

詳しく見る

大幅減額でゆとりある返済

女性

個人再生手続きが認められると、現在抱えている借金額が大幅に減額されます。また、残債務は3年から5年をかけて返済できるため、余裕のある日々を過ごせます。個人再生には3つのデメリットがありますが、一般的な方にはデメリットにはなり得ません。まずは弁護士に相談し、借金問題を解決しましょう。

詳しく見る

借金問題のない日々を

財布

弁護士にサポートを求めることで解決できるのが、個人再生による借金問題の解決です。弁護士が必要書類を全て作成してくれる上に、最適な再生計画案を立案してくれます。不安になるようなデメリットはないため、弁護士のサポートを受け借金に悩まない日々を手に入れましょう。

詳しく見る

住宅を守りながら債務整理

お金

住宅ローンはそのまま

借金の返済がかなり厳しくなった場合は自己破産を行えば全ての借金の支払が免除されます。借金が全てなくなるのは自己破産の最大のメリットですが、逆にデメリットも多い方法ですので、慎重に行う必要があります。自己破産では価値のある財産がある場合はそれを手放さなくてはなりません。特にマイホームを失うということは多くのデメリットとなりますし、今後の生活も大きく変わることにもつながります。リスクを抑えて借金を整理するなら個人再生も検討してみましょう。個人再生は裁判所を通じて借金の減額を行う債務整理の手続きです。裁判所の手続きの手間がありますが、任意整理よりも多くの借金を減額することができ、自己破産とは違い、財産を手放す必要はありません。それゆえ、他の借金を大幅に減額することができ、住宅ローンはこれまでと同じように支払うことが出来ますので、家を手放す必要はありません。個人再生を行う場合はメリットだけではなく、デメリットも知っておきたいですが、まずは信用情報に個人再生を行ったという記録が掲載されますし、官報にも公告があります。とはいえ、官報は一般の人が見ることは少ないこともあり、それで周囲に知られる心配はそれほどないとも言えます。この他のデメリットとしては保証人がいる場合はその人に請求がいくこと、今後しばらくは新たに借り入れができないということもあげられます。債務は五分の一程度に減額され、それを3年から5年程度で返済していきます。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットをチェック|周囲に知られる心配はそれほどない All Rights Reserved.